気の短い人にはお似合いのレビトラ!私のベストなED治療薬

レビトラの成分

最近何となくではあるけど勃ちが悪く感じたりセックスの最中に中折れをする等の症状が気になってきた時はEDかもと疑って見て下さい。
そもそもEDとはErectileDysfunctionの省略で勃起の機能不全の意味を指します。
日本だと勃起障害や勃起不全と訳されがちではありますが、勃起が全く起きないケースに限らず硬さや持続が満足良く事であるのも含んでお互いに楽しめる性交渉が出来ない症状との定義がなされてます。
俗に言う途中で萎えたり十分いく勃起ができない場合がEDの症状として一番多く報告されてます。

日本の成人男性4人中1人が中度以上の症状を抱えていると考えられてはいるのですが、実際国内での認知は低いレベルで勃起不全等の軽度な症状も含むと推定患者人数は2000万人と結果が出ておりそうなってしまうと3人のうち1人が症状を抱え込んでいるとの計算報告となります。
ED治療薬と聞いて真っ先に思い浮かべるのがバイアグラかと思います98年に発売を開始してから瞬く間に大人気のヒット商品となり当時ではマスコミや使用者から夢の薬や最先端の薬と言われ社会的なセンセーションを巻き起こしその為、世にニセモノや摂取多量による重篤な副作用などの事件、事故が後を絶たず大騒動になりました。
そんなバイアグラの次に開発されたのがレビトラと呼ばれる第2世代のED治療薬となります。
レビトラはバイアグラの強い副作用やその他の欠点、短所を補った形でより良く、使いやすくをコンセプトに開発され04年にドイツのバイエルンから生産を開始しました。
バイアグラと比較し効果時間の即効性が優れておりそれは有効成分のバルデナフィルが関係しています。
このバルデナフィル水和物はエタノールや水等に溶けやすいという性質を持ってるため効果の即効性が可能となっているのです。
そして、ED治療薬は勃起不全を治してくれるという考えが強いせいかレビトラは服用すると勃起が出来ると勘違いしてる方が多いのですが正くは自ら性的な刺激を受け興奮後、勃起の際にその働きを補助する云わば勃起の補助薬なのです。
尚、副作用について主に偏頭痛や顔の熱り動機や頭痛はありますが、個人差により症状は区々で時間が解消してくれ特に気にする必要は無いですが連続服用は厳禁で最低でも24時間以上は開けましょう。
余程気にかかる症状が見られたり副作用が酷い際は必ず専門科の医師にご相談ください。